École de langues MILOU

名古屋でフランス語教室を開講しています。アットホームな雰囲気で楽しく学べるといいなと思っています。このblogでは愛犬ミルーの日常とともにフランス語、本や映画、そして旅の記録を綴って行きます。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モントリオール~マルシェでオペラ♪

以前の記事でご紹介したモントリオールの
Marché Jean-Talon(ジャンタロンマーケット)

ここでは最近、マルシェの売り子さんたちが
オペラを歌うそうです。



イタリア人街にあるし、
うーーーむ、いかにもあるかも!?

でもそれにしてはうまい!?
イタリア人だから?(←すごいこじつけ)

なーんて、うっかりだまされそうになりましたが
実はこれ、Opéra de Montréal(モントリオールオペラ座)の団員が
オペラをもっと人々に聴いてもらおうと考えた企画なんだそうです。

店員さんに扮した歌い手が
あちらから、こちらから美声を披露し、
お客さんたちもびっくり&大喜び。
(一部のお客さん、手に飲み物を持っていますが、お酒?

ビデオの後半はフランスオペラ、ビゼーのカルメンですが、
さすがフランス語話者のモントリオールっ子。
トーレーアドール
トーレーアドール
(Toréador:闘牛士の古い言い方)
と市場のお客さんも大合唱です。

こんな企画、素敵ですね!

【おまけ】
現在のフランス語では闘牛士は Toréro と言います。
闘牛は Corrida(スペイン語由来)
Course de taureaux(直訳→「牛の競争」) とも言います。

taureau は去勢していない雄牛
boeuf は去勢済みの雄牛
vache は雌牛
です

狂牛病がはやった時、
Vache folle という言葉をよく聞きました。
狂牛病は maladie de la vache folle「くるった牛の病気」
そのままですね。

私がパリにいた頃は
驚いたときに
« ah la vache ! »
とか、
「めちゃくちゃ~」と強調したいときに
vache に副詞語尾をつけた
« vachement »
(例えば « c'est vachement bon ! 「めっちゃおいしい!」とか)
と言う言葉が
よく聞かれました。

なんで牛なんでしょうかねぇ・・・

牛はスペイン語もフランス語ととっても似ていますが
スペイン語の発音は日本語に近いだけ面白くて

Toro トロ =雄牛
(注:「ロ」は下先をRRRR と巻く巻き舌音)
Vaca バカ=雌牛
(注:スペイン語には v と b の発音上の区別はありません)

と言います。

ちなみに

Ajo アホ=ニンニク
(注:この「ホ」は厳密にいうと日本語の「ホ」よりも強い音です)

「ホッタイモイジルナ」じゃないですけど、
みんなこんな調子でおもしろい対応があると
きっとすぐ外国語が習得できるのに~なんて
つい思ってしまいます。


生半可な学者―エッセイの小径 (白水Uブックス)生半可な学者―エッセイの小径 (白水Uブックス)
柴田 元幸

白水社 1996-03
売り上げランキング : 121335
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↑ この本によると、
ロンドンの地下鉄で「ウェストケンジントン駅」に行きたい時
「ウェストケンジントン」と言うより
早口で怒った調子で「上杉謙信!」と名字と名前の頭を強く発音する方が
通じやすいそうですよ。

私も発音してみましたが、
たしかにそんな気がします。

早口ですよ。
上と謙に強いアクセントですよ。
皆さんもぜひやってみてください

o0168009910256514124.jpg

ecolemilou@gmail.com
Mac をお使いの方はコチラ École de langues MILOU
スポンサーサイト
【 2010/11/04 (Thu) 】 旅・ケベック | TB(0) | CM(0)

5月のモントリオールへ

季節外れではありますが・・・

2009年5月末のモントリオールへの小旅行を綴ります

今回は初めて鉄道でモントリオールへ向かいました。

というのも、途中お友達の実家のある Drummondville という小さな街に寄ったためです。


大きな地図で見る

これまでは Allô stop という乗り合い自動車制度を利用していました。

これはケベックからモントリオールへ行く乗用車のドライバーが
出発地と出発時間と到着場所を登録し、
モントリオールへ行きたいけれど足のないお客が
ドライバーの予定リストを見て、
うまく日時と場所が会えば
見ず知らずの人の車で行けるという仕組みです。

料金は16カナダドル(当時のレートだと1200円くらい)。
制度化された有料のヒッチハイクという感じでしょうか。

車社会ケベックではかなりメジャーなシステムで
たくさんの学生さんが利用していました。

ケベックーモントリオール間だけでなく
他の街も結んでいるそうです。

鉄道はこれに比べるとかなり高額になるので、
なんとなく躊躇していましたが、
今回途中下車という目的ができたため
乗ってみたいなぁと前から思っていた
カナダ VIA鉄道の旅をようやく楽しむことができました。

私が乗ったのはこれ。

IMG_4006_convert_20101031175609.jpg

ではなくて、こちら。

IMG_4009_convert_20101031175742.jpg

わざわざステップが用意される列車、
ワクワクしますね!

IMG_4008_convert_20101031175804.jpg

ババンッと Canada の文字。
メープルの国旗も描かれています。

IMG_4011_convert_20101031180031.jpg

あまり速度の速くないのんびりとした列車の旅。
遠くにタンポポが咲いています。

IMG_4025_convert_20101031180123.jpg

Drummondville からもモントリオールまでは列車で。
ゆっくりと走るちょっと懐かしい感じの大陸の鉄道。
のんびり、のんびり、ちょっぴり贅沢な気分で
モントリオールへと走ります。



o0168009910256514124.jpg

ecolemilou@gmail.com
Mac をお使いの方はコチラ École de langues MILOU
【 2010/11/01 (Mon) 】 旅・ケベック | TB(0) | CM(0)

おすすめ♪ケベックの冬

寒いです!

Il fait froid !

まだ早いですが、
フランスでは「超寒い!」と言いたい時、
ça caille と言ったりもします。
かなりくだけた表現なのであまりお勧めしませんが
結構耳にします。

ça caille au quai を発音すると「サカヨケ」と聞こえるため
日本語みたいという人もいるとか。
意味は「波止場は寒い」
んー、、あんまり使わなさそうですね。

名古屋の初雪はいつでしょうか。

ケベックの雪が懐かしいです。

夏は断然パリだけど、冬は断然ケベックです。

マイナス30度が恐ろしくても、
雪で足が前に進まなくても、
寒さで足が折れそうになっても、
耳が凍えて真っ赤になっても、
凍った地面で転んで病院に運ばれることになっても、

あの美しい雪とダイヤモンドダストと青空には
どこの冬もかなわないんじゃないかと思います。

みなさんも機会があれば、冬のケベックを訪れてみてくださいね!
(もちろん、防寒対策は万全に!)

                 

ちなみにケベックで「超寒い」ことは
(il) fait frète ! と言います。(綴りは様々)

il fait froid「寒い」 はもちろん、
il fait très froid「とても寒い」 でも間に合いませんもん ^^


o0168009910256514124.jpg

ecolemilou@gmail.com
Mac をお使いの方はコチラ École de langues MILOU
【 2010/10/27 (Wed) 】 旅・ケベック | TB(0) | CM(0)

オルレアン島

訪れたのは5月ですが・・・

少し涼しくなってきたので
爽やかな l'Île d'Orléans(オルレアン島)の写真を・・・

オルレアン島とはセントローレンス川に浮かぶ小さな島。
ケベック市から車で20分ほど、
バスとタクシーを乗り継いでも1時間程で行ける距離にあります。

L'île d'Orléans est une petite île située à proximité de la ville de Québec sur le fleuve Saint-Laurent.

IMG_3922_convert_20100923171617.jpg

この日は、フランス人のお友達とサイクリングに行きました。

島1周(66キロ)はきついということで
20キロ強のコースを。

Saint-Laurent 地区から、Saint-Pierre 地区、そして
Sainte-Pétronille 地区を回りました。
地図はコチラ

IMG_3928_convert_20100923171643.jpg

5月半ばのオルレアン島は、
新緑と綿毛のタンポポと爽やかな風と穏やかなセントローレンス川に
囲まれていました。

IMG_3965_convert_20100923171938.jpg

1717年に建てられたサン=ピエール教区の教会です。
オルレアン島は6つの地区で構成されていて、
地区毎にこうした教会があります。

IMG_3932_convert_20100923171703.jpg

100年前まで橋が架かってなかったと言うオルレアン島。
開拓時代のケベックの様子が残っていると言われています。

IMG_3970_convert_20100923172033.jpg

c'est très calme...
のどかです...

IMG_3939_convert_20100923171728.jpg

のどかな風景の中、
結構起伏の激しいこの島を自転車で走る私・・・
あなどっていました。
走っているときは完全に前しか見れません。
まわりを見る余裕は全くナシです。
ぜーぜー、はーはー

ということで、ちょっと降りて休憩。

IMG_3951_convert_20100923171917.jpg

子供たちの行列

IMG_3933_convert_20100923172622.jpg

ワンちゃん

IMG_3980_convert_20100923172124.jpg

こっちもワンちゃん

IMG_3953_convert_20100923172145.jpg

こんな環境で暮らせるワンちゃんは幸せですね~

名古屋は明日からお天気になるそうです。
皆さん、よい週末を。
Bon week-end !


o0168009910256514124.jpg

ecolemilou@gmail.com
公式HP:École de langues MILOU
【 2010/09/24 (Fri) 】 旅・ケベック | TB(0) | CM(0)

フランス人と過ごす休暇

Lac Beauport 滞在記最終章です

お伝えしてきたように、この旅行、メンバーはフランス人5人と私の
計6人による4泊5日の旅でした。
(私は最終日にケベックに用事があったので3泊4日)

山小屋での生活は基本的に1日1アクティビティ。
こののんびり加減。
さすがフランス人。私もこういうの大好きです。

朝はだいたいみんな適当に起きだし、
ジャムつきトーストとフルーツ、
それにジュース、コーヒーあるいはショコラを飲み、
準備を整え出かけます。
そしてお昼には犬ぞりや散歩を終え、
小屋に戻ってお昼ご飯を作って食べます。

その後はそれぞれ自由行動。

散歩に出かけたり
小屋で本を読んだり
DVD を観たり
昼寝をしたり
宿題をしたりして過ごします。

宿題?

そう、私たちはあくまで semaine de lecture(読書週間)という
勉強のための休暇を過ごしているはずなのです。

私も次週に迫っていた発表のための
論文を持ち込んでみましたが、
ここはやっぱり久しぶりにフランスのフランス語に
どっぷりつかるチャンス!とも思い、
ほとんどずーっとおしゃべりしていました。(笑)

※ 実際の会話ではこの semaine de lecture、あまり使われなく、
semaine de relâche(リラックス休暇とでも訳しましょうか)と
言うことが多いです。忙しい北米の大学の学期中の小休暇ですから
絶対こっちのネーミングの方がはやりますよね。

さて、私が個人的に楽しみにしていたのはお風呂。
明るい午後に浴槽につかって優雅にのんびり・・・

といきたかったのですが、
なぜか毎回お湯が腰のあたりにきたところで水になってしまうという、
なんとも間抜けなお風呂になってしまったのでした。

広い浴槽だったので寝そべって入りましたが、
もう少し上まで来ないと
bain tourbillon という機能が使えません。
これ、日本語ではジャグジー付きバスと言うんでしょうか、
モーターみたいなものが回って
猛烈な勢いで水が出てくるあれです。
マッサージのような刺激を与えてくれるあれです。
ともかく、私はその恩恵に預かれなかったのです。残念・・・

しかし、毎回このような目にあった私と違い
もうひとりの風呂好きフランス人は
しっかりこれを体験できたそうです。
その理由は未だに謎ですが
想像するに、彼女は私程熱いお湯を入れなかったのでしょう。

水にならなかった?ぬるくなかった?
と聞いても、
non non(ううん)
と言うばかりですが
お風呂が熱い、ぬるいはこれ習慣的、主観的なものですから
実際彼女が入っているお風呂を確認してみなくては
わかりませんもんね。

以前紹介したここ Lac Beauport のスパの露天風呂も
やはり私にとってはぬるかったので、
なんとなく、フランス人の好む温度もぬるめかな?
なんて想像するわけです。

と、まぁ、浴槽に寝そべり、お腹の上にお湯をかけながらの
妙なお風呂になったわけですが、
それでも私にとっては久しぶりにお風呂の習慣を
ケベックの明るい冬の太陽のふりそそぐ小屋でとりもどし、
嬉しい午後のひとときになったのでした。

夜はトランプやモノポリ(人生ゲームみたいなもの)などの
ゲームをして過ごすことが多かったのですが、
途中で合流したケベック人の持ってきたモノポリの説明を聞く間の
フランス人の大興奮&大騒ぎぶり!
説明1フレーズ毎に
全員が別々のコメントをまくしたてます。
そのあまりの迫力にケベック人と私は顔を見合わせ、
次の説明に移るためにはその都度両手を挙げて全員を黙らせますから
ゲームを始めるにも一苦労です。

それに気がついたフランス人の名言

「僕たちって、出発前に興奮してる犬ぞりの犬みたい!」

Je suis tout à fait d'accord avec toi...
(全くもって賛成です)

ということで、、、

パワフルで賑やかなフランス人学生と共に過ごした
楽しい小旅行でした。


ecolemilou@gmail.com
公式HP:École de langues MILOU
【 2010/03/06 (Sat) 】 旅・ケベック | TB(0) | CM(0)
今日のタイ語
犬猫募金
プロフィール

cocomilou

Author:cocomilou
看板犬のミルーです
シルバーのトイプードル
2004年クリスマス生まれ
気弱ですが、とてもかしこく
優しい男の子です ^^

★École de langues MILOU★
☆所在地
名古屋市北区
(瀬戸線栄町駅から5分!)
☆名鉄瀬戸線☆
尼ケ坂駅よりスグ
☆地下鉄名城線☆
志賀本通駅より徒歩10分
☆基幹バス☆
白壁より徒歩7分
☆名古屋市バス☆
名駅14東杉町より徒歩1分
☆駐車場あり(小型車1台)

***********************

教室・講師の基本情報は
以下のカテゴリ
「教室・講師紹介」を
教室の最新情報については
「現在開講中!」あるいは
「教室お知らせ」内の記事を
ご参照ください

今読んでる本・最近読んだ本・お気に入り
ホテル検索はコチラ♪
コチラもホテル検索♪
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
愛犬・愛猫に~PEPPY
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。