École de langues MILOU

名古屋でフランス語教室を開講しています。アットホームな雰囲気で楽しく学べるといいなと思っています。このblogでは愛犬ミルーの日常とともにフランス語、本や映画、そして旅の記録を綴って行きます。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブンミおじさんの森

今年もカンヌ映画祭が始まりました。

カンヌ映画祭と言えば、
90年代のパルムドール受賞作『アンダーグラウンド』がもっとも印象に
残っています。
映画のもつ表現の可能性に驚かされた映画です。

さて今週、仕事帰りに去年のパルムドール受賞作
『ブンミおじさんの森』を観に行ってきました。

ズバリ、
C'était un film extraordinaire !

« extraordinaire » は
「普通(ordinaire)を超えた/外れた(extra)→1.並外れた 2.不思議な
→すばらしい」
という言葉ですが
まさにこの映画はそうでした。

審査委員長のティムバートンが

「世界はより小さく、より西洋的に、ハリウッド的になっている。でもこの映画には、私が見たこともないファンタジーがあった。それは美しく、まるで不思議な夢を見ているようだった。僕たちはいつも映画にサプライズを求めている。この映画は、まさにそのサプライズをもたらした」

と評したそうですが、
映画を観て、納得しました。

同じような映画、同じような価値観に訴える映画が多い中、
この映画は今まで観たどの映画とも違いました。

死んだ妻がいつのまにか同じテーブルを囲んでいたり、
行方不明になった息子が猿の精霊の姿になって現れたり、
自分の姿が別の場所に見えたり、

そしてそれを一瞬驚くもののすっと受け入れる
登場人物たち

そうした登場人物の反応やひとことひとことに
ププッと笑えてきたり、
うそーっ!っとひっくり返りそうになったり、

全てが新鮮で、驚きの連続でした。

そういう全てが
今まで持っていた価値観ではまったく理解できない、
そう思いながらも、同時に自然に受け入れている、
あるいは受け入れたいと感じる自分がいました。

そして終わった後は、なぜかとても幸せな気分に・・・

アジア人にが共通してもっている死生観が
映画の根底に流れている、
そういう風にも言えるのかもしれませんが、
アジア人だからというだけでなく、
人間が本来もつ優しさを共通項にこの映画は世界どこででも
受け入れられるのではないかと思いました。
(もっとも私は生まれてこの方アジア人なので、他の人種・民族の考え方は
わかりませんが・・・)

「ブンミおじさんの森」タイ映画。

優しさにあふれた映画でした。

こんな映画ははじめてです。


上映は明日まで。

お時間があればどうぞご覧ください。

「ブンミおじさんの森」公式ページ
boonme.jpg

「名演小劇場」公式ページ

スポンサーサイト
【 2011/05/12 (Thu) 】 映画・音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日のタイ語
犬猫募金
プロフィール

cocomilou

Author:cocomilou
看板犬のミルーです
シルバーのトイプードル
2004年クリスマス生まれ
気弱ですが、とてもかしこく
優しい男の子です ^^

★École de langues MILOU★
☆所在地
名古屋市北区
(瀬戸線栄町駅から5分!)
☆名鉄瀬戸線☆
尼ケ坂駅よりスグ
☆地下鉄名城線☆
志賀本通駅より徒歩10分
☆基幹バス☆
白壁より徒歩7分
☆名古屋市バス☆
名駅14東杉町より徒歩1分
☆駐車場あり(小型車1台)

***********************

教室・講師の基本情報は
以下のカテゴリ
「教室・講師紹介」を
教室の最新情報については
「現在開講中!」あるいは
「教室お知らせ」内の記事を
ご参照ください

今読んでる本・最近読んだ本・お気に入り
ホテル検索はコチラ♪
コチラもホテル検索♪
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
愛犬・愛猫に~PEPPY
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。