École de langues MILOU

名古屋でフランス語教室を開講しています。アットホームな雰囲気で楽しく学べるといいなと思っています。このblogでは愛犬ミルーの日常とともにフランス語、本や映画、そして旅の記録を綴って行きます。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

épice = spice ?

昨日の記事に épice という言葉が出てきました。

épice とは、英語の spice スパイスのこと。
なんか似てませんか?

それもそのはず、語源が一緒なんです。

スペイン語でも especia
イタリア語でも spezia
・・・似ています。

考えてみれば、他にも似ているものって結構あります。

台所まわりだと・・・

épinard ほうれん草
英 spinach ス espinaca イ spinaci

éponge スポンジ
英 sponge ス esponja イ spugna

お勉強関係は・・・

école 学校
英 school ス escuela イ scuola

étudier 勉強する
study ス estudiar イ studiare

écrire 読む
ス escribir イ scrivere

これは英語には(この意味では)入っていません。
ただ "script" なんかは同じところから出ています。

他にもスコットランド(Scotland)
l'Écosse

アメリカ(the United States)
les États-Unis

犬のコッカースパニエルもフランス語では
エパヌールです。
Épagneul

人の名前にもあります。

Étienne(エティエン)

この柔らかい響きを持つ名前と
ハンガリーの István(イシュトバーン)!という
いかにも強そうな立派な名前が
同じ名前だと知ったときには驚きました。

ちなみに英語は Steven

え? strange ?

strange もフランス語では étrange.
ただし意味はちょっとずれます。
この場合 strange ! と言いたいなら、
Bizarre !! の方がいいと思います。

István と Étienne と Steeven が一緒なんて、
bizarre !! へん~~~

とまぁ、ざっとみておわかりいただいたように、
フランス語では é で始まり、英語では s で始まっています。
これがスペイン語やイタリア語では
es- とか s- で始まったりもする訳です。

なぜでしょう。

スペイン語やイタリア語、フランス語はとても近い関係にある
言語ですし、
少し遠い親戚関係にある英語にも、中世以降フランス語の語彙は
かなりの数輸入されています。

なので似た言葉は本当にたくさんあります。

では、この es や s や é といったバリエーションはどうして
あるのでしょう?

これは言ってみれば、私たちが難しいなーと思うのと同様に、
昔のフランス人、スペイン人が語頭の子音連続をいやがったことに
由来します。

要するに、フランス人やスペイン人はその昔、
s で始まる語頭の子音連続を発音しやすくするために、
e を足したのです。
そしてこうした es- で始まる新しい言葉がさらに発展した結果、
フランス語では、もともとあった s が
いつのまにやら消えてしまったのです。

この s の発音は、語頭に限らず、フランス語では随分嫌われたようで、
他にも s が消えた例として、

forêt 森
hôpital 病院
château 城

なんかが有名です。

これらは3つとも、英語には s が残っていますよね。
(forest, hospital, castle)

^ ←帽子つきの綴りは、昔そこに s があったんだよ
ということを表しています。
覚えておくと便利ですよ。

余談ですが、
人の名前をヨーロッパ言語で比べてみるのって
結構面白いです。

例えばキリスト教に関係ある名前

ペテロはフランス語では pierre(ピエール)
こちらも étienne と同じく随分軟弱になっちゃった
感じがしますよね。(笑)

アンデレは、ベル薔薇でおなじみ
アンドレ~ André

ヤコブは Jacques(ジャック)
ちなみにフランス語でホタテ貝は St-Jacques といいます。
スペインのサンティアゴデコンポステーラに至る巡礼者たちが
皆ホタテ貝の貝殻を身につけることから来ているようです。

フィリポは Philippe(フィリップ)
これはあまり変わりません。

バルトロマイは Barthélemy(バルテルミー)
そう、あの「サン・バルテルミーの虐殺」の
バルテルミーです。

トマス Thomas 発音は「トマ」です。
なんかかわいいです。

マタイは Matthieu(マチュー)
イタリア語会話にちょくちょく出てくるあの女装好きイタリア人
マッテーオ Matteo は、Matthieu と同じ名前に由来するのでした。

さて長くなりましたので、今日はこの辺で。

Bonne jounrée !


o0168009910256514124.jpg

ecolemilou@gmail.com
公式HP:École de langues MILOU
スポンサーサイト
【 2009/12/03 (Thu) 】 フランス語よもやま話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日のタイ語
犬猫募金
プロフィール

cocomilou

Author:cocomilou
看板犬のミルーです
シルバーのトイプードル
2004年クリスマス生まれ
気弱ですが、とてもかしこく
優しい男の子です ^^

★École de langues MILOU★
☆所在地
名古屋市北区
(瀬戸線栄町駅から5分!)
☆名鉄瀬戸線☆
尼ケ坂駅よりスグ
☆地下鉄名城線☆
志賀本通駅より徒歩10分
☆基幹バス☆
白壁より徒歩7分
☆名古屋市バス☆
名駅14東杉町より徒歩1分
☆駐車場あり(小型車1台)

***********************

教室・講師の基本情報は
以下のカテゴリ
「教室・講師紹介」を
教室の最新情報については
「現在開講中!」あるいは
「教室お知らせ」内の記事を
ご参照ください

今読んでる本・最近読んだ本・お気に入り
ホテル検索はコチラ♪
コチラもホテル検索♪
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
愛犬・愛猫に~PEPPY
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。