École de langues MILOU

名古屋でフランス語教室を開講しています。アットホームな雰囲気で楽しく学べるといいなと思っています。このblogでは愛犬ミルーの日常とともにフランス語、本や映画、そして旅の記録を綴って行きます。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

100drine カレンダーを眺めながら

B002KQCVR22010年サンドリーヌ 壁掛カレンダー C-253-AS
サンドリーヌ・ファブル
グリーティングライフ 2009-09-21

by G-Tools


教室の来年のカレンダ~

フランスの絵本作家 100drine(サンドリーヌ) のかわいいカレンダーにしました。

このカレンダー、ちょっと高額でしたが、
温かい絵と、次のような文を見て、決めました。

このカレンダーの売り上げの一部は
世界の恵まれない子どもたちに対する
メドゥサン・デュ・モンドの
医療支援活動に使われます。

Médecins du monde(世界の医療団

1980年にフランスで生まれた医療ボランティア団体です。

国境なき医師団、国境なき記者団等、人道的支援を掲げ
世界各地で活動しているいくつかの有名な団体が
フランスで生まれていることはよく知られています。

一般レベルでも、バカンスを(フランス人は長いバカンス大好き♪)
アジアやアフリカの発展途上国でボランティアをしながら過ごす人が
増えてきたり、ある程度の期間海外で人道的活動に関わる若者に
政府が資金を提供したりと、フランスでは世界の貧困や病気といった
問題に目を向ける風潮が身近に見られます。

また、人権の国に生きているという自負心を胸に、
人々は何かあるたびに街頭に降り、デモを繰り広げ、
医療関係者や公務員に至るまでストライキを行いますし
社会保険に手厚いこの国には、映画やコンサートの失業者割引
なんてのもあります。

こうしたことや、私自身の経験から、
フランスという国はなかなか他者に寛容な国で、
貧乏人も私のような外国人も生きやすい国だという思いを
私は強く持っています。


しかし一方でフランスは、自らが60年代に労働力確保のために
移民を促した旧植民地、特にマグレブ3国(アルジェリア、
チュニジア、モロッコ)出身者とその2世、3世を
今になって切り捨てようとし、そのため国内で大きな問題を
抱えています。

また、旧植民地においても、この国家は旧宗主国という亡霊を背負って
生きているようだということを、今年知りました。

例えば西アフリカでや中央アフリカの旧フランス領植民地の国々では、
貧困の問題、差別の問題、暴力、虐殺、内紛等の問題が深刻ですが、
これは政権党と密接に結びついたフランスが経済的に "植民地政策" を
未だとり続けていることが要因の1つであると言います。

独立を援助すべき旧宗主国フランスが、
一部有力者を支援することによって
共に当地の豊かな資源を独占し、利益を得ているので、
結果的に内紛や内部格差を助長しているのです。

トーゴでは2005年の大統領選に際して
与党勢力による反与党組織のメンバー、家族、支援者の大量虐殺等、
非人道的行いが為されましが、
選挙の有効性を問題視した他のEU諸国と違い
フランスは一連の出来事について容認の意を示しています。


私は10年にわたってフランス、フランス語と関わってきましたが、
恥ずかしながらこうしたアフリカのフランス語圏の国々、
すなわち l'Afrique Noire (Black Africa) の事情について
ごくわずかな知識しかもっていませんでしたし、
関心すらもちませんでした。

今回上に書いたことを知ったのは、現在政治難民申請中のトーゴ人や、
アフリカの貧困を研究しているコンゴ(DRC or RDC、旧ザイール、
旧ベルギー領、大きい方)の留学生との出会いという偶然がきっかけでした。


前世紀までは外交上の有力言語だったフランス語、
植民地政策によって皮肉にも世界中に広まったフランス語、
文学や哲学、映画や音楽界に大きな存在感を示すフランス語、
そしてモードやグルメの共通言語としてのフランス語。

来年は、歴史を通じてこうした様々な顔を持つに至ったフランス語を
ポジティブに利用して、
なじみあるフランス、ケベックだけでなく、
フランス語圏、Francophonie (=pays francophones)という
ひとつの世界について、日本との関わりを含め、
もっと関心を持っていこうと思います。


o0168009910256514124.jpg

ecolemilou@gmail.com
公式HP:École de langues MILOU


スポンサーサイト
【 2009/12/25 (Fri) 】 旅・フランス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日のタイ語
犬猫募金
プロフィール

cocomilou

Author:cocomilou
看板犬のミルーです
シルバーのトイプードル
2004年クリスマス生まれ
気弱ですが、とてもかしこく
優しい男の子です ^^

★École de langues MILOU★
☆所在地
名古屋市北区
(瀬戸線栄町駅から5分!)
☆名鉄瀬戸線☆
尼ケ坂駅よりスグ
☆地下鉄名城線☆
志賀本通駅より徒歩10分
☆基幹バス☆
白壁より徒歩7分
☆名古屋市バス☆
名駅14東杉町より徒歩1分
☆駐車場あり(小型車1台)

***********************

教室・講師の基本情報は
以下のカテゴリ
「教室・講師紹介」を
教室の最新情報については
「現在開講中!」あるいは
「教室お知らせ」内の記事を
ご参照ください

今読んでる本・最近読んだ本・お気に入り
ホテル検索はコチラ♪
コチラもホテル検索♪
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
愛犬・愛猫に~PEPPY
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。