École de langues MILOU

名古屋でフランス語教室を開講しています。アットホームな雰囲気で楽しく学べるといいなと思っています。このblogでは愛犬ミルーの日常とともにフランス語、本や映画、そして旅の記録を綴って行きます。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11月のお茶:thé à l'érable

霜月
秋も深まって参りました。

このお茶がおいしい季節の到来です。

IMG_5912_convert_20091101181903.jpg

教室でもお出ししている、
ケベック産 thé à l'érable(メープルティ)

いれると、メープルの甘く優しい香りがふわっと立ち上ります。
葉っぱはスリランカ産。すっきりとした味わいです。

いつ飲んでもおいしいのですが、
個人的には、やっぱり冬にぴったりの飲み物だと思っています。
この香りが冷えきった体をとっても優しく解凍してくれます。
(去年カナダ版・網走で何度も凍りかけた私には、まさに天使のような
飲み物でした)

余談ですが、フランスでは日本の木々が人気だそうです。
Bonsaï(盆栽)もかなり有名で、仏仏辞書にも載っています。
(Bonsaï → ボンザイ と発音します)

以前見たルポルタージュでは、日本の立派なもみじ(イロハモミジ)が
オークションにかけられていました。

もみじは、フランス語では通常こう言います。

érable japonais

「日本の(japonais )メープル(érable = 楓)」・・・!

もみじは楓の一種ですから、これを érable と呼ぶのは
当たり前と言えば当たり前のことなのですが、
ケベックでしばらく暮らした私は érable と聞くと
ついついカナダのメープルを思い起こしてしまいます。
となると、
メープルシロップやメープルティーのイメージがあまりにも強いので、
いわゆる日本の赤いもみじも érable というのは
どうも不思議に思えてしまうのでした。

ちなみに Petit Robert で Bonsaï(盆栽) をひくと、その例文には

un bonsaï d'érable.

楓の盆栽。

案外フランス人にとっての érable とは
東洋を思わせるような、
あるいはカナダのérable より
日本のもみじを連想させるような言葉だったりして。


o0168009910256514124.jpg

ecolemilou@gmail.com
公式HP:École de langues MILOU
【 2009/11/02 (Mon) 】 ティータイム | TB(0) | CM(0)

10月のお茶:cranberry tea

今月から、教室でお出ししている紅茶についても
少しご紹介していこうと思います。

紅茶に関しては門外漢でありますが、最近は健康のためにも
コーヒーからお茶へ移行しつつあり、
いろいろなお茶にトライしてみたいと思っております。
(といいながら、今コーヒーを飲んでいますが・・・)

もしおすすめのお茶がありましたら、皆様もぜひお教えください!

では、早速・・・

今月は秋の収穫の雰囲気を味わえる

クランベリー茶


IMG_5507_convert_20091004112005.jpg


ベリーの甘ーい香りが鼻先にふわっと広がります

クランベリーティーといっても、果実を煮だしたものではなく、
本場スリランカの紅茶です。
スリランカのお友達にいただきました。

クランベリーはフランス語で canneberge
ケベックでは atoca とか ataca とも言うそうです。
atoca、ataca というのは
amérindiens(アメリカ大陸先住民族)の1つ、
イロコイ族の話すイロコイ語からの借用語です。
(セクスィー部長の言葉じゃありませんよ

フランスでは canneberge とならんで
grande airelle rouge d'Amérique du Nord
(北米の大きな赤いスノキ)とも呼ぶそうです。
スノキ・・・?

ですが、フランスでも農業、食品業界や、コスメ業界で
英語名が広まったため、
今では cranberry が一般名称として通用する傾向に
あるということです。

こうしたことから、またイロコイ語の、あるいは「北米の大きな云々」
という名称からも、
cranberry はフランス人にあまりなじみのない(なかった)果物
ということがわかって、面白いですね。

さて、英語のcranberryは、
crane+berry(鶴+ベリー)だそうですが、
なぜ鶴かというと、咲き始めの花の姿が鶴の頭のように見えるから。
なるほど、ちょっと変わった形をしていて、本当に鶴のようです

250px-Canneberge_vosges.jpg
            (↑Wikipédia から拝借しました)

ちなみに、アメリカ・カナダの感謝祭では
七面鳥の丸焼きに沿えるクランベリーソースがかかせないとか。
うーん、いったいどのような味がするのでしょうか。
どなたか召し上がった方いらっしゃいますか?


ecolemilou@gmail.com
公式HP:École de langues MILOU
【 2009/10/05 (Mon) 】 ティータイム | TB(0) | CM(0)
今日のタイ語
犬猫募金
プロフィール

cocomilou

Author:cocomilou
看板犬のミルーです
シルバーのトイプードル
2004年クリスマス生まれ
気弱ですが、とてもかしこく
優しい男の子です ^^

★École de langues MILOU★
☆所在地
名古屋市北区
(瀬戸線栄町駅から5分!)
☆名鉄瀬戸線☆
尼ケ坂駅よりスグ
☆地下鉄名城線☆
志賀本通駅より徒歩10分
☆基幹バス☆
白壁より徒歩7分
☆名古屋市バス☆
名駅14東杉町より徒歩1分
☆駐車場あり(小型車1台)

***********************

教室・講師の基本情報は
以下のカテゴリ
「教室・講師紹介」を
教室の最新情報については
「現在開講中!」あるいは
「教室お知らせ」内の記事を
ご参照ください

今読んでる本・最近読んだ本・お気に入り
ホテル検索はコチラ♪
コチラもホテル検索♪
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
愛犬・愛猫に~PEPPY
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。